旅行情報部[仮眠部]

オールナイトサウナ&健康ランドの注意点

入店の際の注意点

ホテルでの宿泊とは明らかに勝手が違いますし、店舗によって微妙にシステムが異なっている場合がございます。各施設を利用する前には事前に確認しておいたほうが無難かと思います。
女性の方注意: 施設によっては仮眠室の性別が明確に分かれていないところもあります。(同じ部屋でパーティションで分けている等)女性で気になる方は予め問い合わせておいたほうがよいかもしれません。
神経質な方注意: 混雑期には仮眠室が満室になり、床で雑魚寝になりうる状況もあります。仮眠室であっても個室で就寝する訳ではないので、マットやリクライニングチェアで寝る場合が大半です。大勢の同室での就寝なので、他の方のイビキがうるさいこともあります。
特殊な方・注意: 刺青/TATOO禁止は銭湯よりも厳重に行っています。一方男性専用サウナにはホモが出没するという噂もありますので、ご注意下さい。
貴重品注意: 施設内には着替えの為の鍵付ロッカーは大抵あろうかとは思いますが、貴重品等を持ち合わせていればフロントに預けたほうがよいかと思います。
但し、フロントで預からない店舗もあるかもしれませんので、事前に確認しておいた方がいいかもしれません。その場合、駅等の他所にあるコインロッカーを使ったほうがいいかもしれません。
入店時間注意: 深夜営業ありといっても、夜中の入店(チェックイン)拒否の店もあるようですので、事前に確認しておいたほうが無難かと思われます。

備品に関して

基本的には手ぶらで素泊まり出来るというのが一般的ですが、施設によって備品の扱いが異なるので以下の点をご注意下さい。
館内で着用の着衣(アロハが大半ですが、まれに浴衣やガウンの施設あり)
バスタオル・ハンドタオル(ロッカールームにある場合も)はチェックイン時に貸出
シャンプー・石鹸(ボディーシャンプー)は風呂場に常備
使い捨てのT字カミソリ・歯ブラシセットは風呂場にあることが大半。(有料のところもまれに)
毛布は仮眠室においている事が大半ですが、有料貸出のところもまれにあります。

夜中の注意

仮眠宿泊を目的に行くのであれば要チェック項目ですので、事前に確認しておいたほうがよいかもしれません。
・夜中にチェックインを受け付けない店(夜中の入館禁止の店)もある
・夜中に入浴施設の清掃で使用出来ない店もある。
・特定日以外はオールナイトでない(仮眠出来ない)店もある

翌朝の注意

仮眠宿泊の起床時における注意点をあげて見ました。翌日までに確認しておいたほうがよいかもしれません。
自動的に翌日料金に更新される店 (24時間営業の場合・仮眠で寝過ごすと翌日料金分も払わなければならない場合もあるかもしれませんのでご注意下さい。)
翌朝には一旦チェックアウトをしなければならない店 館内の清掃等により、事実上24時間営業でない店もある


旅行情報部[仮眠部]トップに戻る